トレーニング法 剣道強豪選手量産プログラム 所正孝 部活で勝つ練習・指導法

剣道のトレーニング法

これまでの剣道では、どちらかと言えば精神面や技に重点をおかれていましたが、現代の剣道では、それに加えてパワーやスピードも試合に勝つには必要な要素になってきています。
ここでは、足捌き更に強化するトレーニング法を中心に幅広く紹介していきます。
上達の参考になれば幸いです。

剣道のトレーニング法記事一覧

剣道の試合で技を繋げることが出来ていますか?実戦では一つの技が綺麗にヒットして1本が決まるということは滅多にありません。次々と技を出して、相手を崩した末に1本が取ることが出来ます。そんな技を繋げる基本が体当たりです。相手の体勢を崩す手段の一つとして正しい方法を覚えておくことが必要です。そんな体当たりで重要なのは、打突の勢いをいかに余すことなく伝えるかです。腕を上げたまま頭からぶっかっていくようにし...

手の内強化のトレーニングを行っていますか?剣道の手の内とは、簡単に言えば竹刀の握り方で、打突したり応じたりする際の両手の力の入れ方や、緩め方などを総合したものです。その為、手の内を強化し、柔らかく利かせることが出来るようになれば、打突に冴えが出てきますし、竹刀の振りが速くなることで、相手の技より先に決めることが出来ます。ですが、剣道を始めたばかりの初心者は特に、「バシッ」というような音がする相手に...

剣道の切り返しは、どこの道場や部活でも行われていますね。構え、足さばき、打突など、剣道に必要な技術を総合的に学ぶことができますが、現代人の身体により深くこの練習を活かして行うことで、より効果的に上達することが出来ます。それには、面打ちなどの正しい基本動作を確認しなが身につけるとともに、切り返しにとどまらず技に移行していくための敏捷性やたくみさなどを養うといいと思います。切り返しのやり方は、一足一刀...

現代の剣道は、つばぜり合いが長時間に及ぶケースも少なくないですね。その為、個人戦はもちろん、団体戦においてもつばぜり合いからの攻め込む技をしっかり練習して極めておくといいと思います。そんなつばぜり合いで特に重要になるのは、こぶしで抑えて相手が前に出ようとする動きを完全に封じること。ですので、竹刀を交えすに立ててしまうのは、つばぜり合いの本来の目的をかなえることができなくなるので反則になります。重要...