回転胴 剣道強豪選手量産プログラム 所正孝 部活で勝つ練習・指導法

回転胴は要注意

中学や高校の全国レベルの選手で、力と勢いに任せて回転胴を使って1本を取っている選手も見かけます。

 

回転胴

竹刀を横向きに構えた状態で、そのまま自分の体を右に一回転させて打つ回転胴は、動きの速さという点では有効です。

 

このようにすれば、手首を返さないでその場で身体の回転力だけで打てるので抜きつけは速くなります。

 

 

胴打ちで大事なのは確かに抜き打ちの速さですが、相手に背中を一旦向けるのようになり、相手と目線を切るようになるので危険です。

 

これが真剣勝負だとしたら、相手に追い打ちされてしまうので、目線を切ることの危うさが良く分かる筈です。

 

あくまで胴打ちは、打突したら手首を返して竹刀を抜きつけ、左回転させて残身を取るのいうのが基本です。

 

 

この時に抜きつけを速くすればそれだけ相手から素早く遠ざかれるので、追撃をかわすという点でも効果的と言えます。

 

あくまで剣道では相手が左にいるときには左回りで、右にいるときには右回りが原則で、相手と目線を切らないようにすることが大切です。

 

基本をおろそかにして小手先にテクニックに走るのは注意が必要です。

 

 

段審査の時にやると間違いなく評価を下げられてしまうので、まずは基本を大切に考えるようにしていきましょう。

 

剣道強豪選手量産プログラムの詳細を見てみる