足さばきを駆使した技 剣道強豪選手量産プログラム 所正孝 部活で勝つ練習・指導法

足さばきを駆使した技

ここでは剣道で一本に繋がる足さばきを駆使した技についてみていきます。

足さばきを駆使した技記事一覧

相手小面を決めることが出来ますか?この技は、相手の小手打ちに乗って小手面を打つ連続技になりますが、試合になると上手く打てないという人も少なくないかもしれませんね。そんな相小手面の打ち方でポイントとなるのは、如何にして相手に小手を引き出させるかです。その一つの方法として、誘い足を使うと効果的なのかなと。通常、鋭い攻めで一足一刀の間に入るようにすれば、相手はこちらの攻撃に対して応じようとしてくる筈です...

剣道の試合で、返し胴が上手く出来ないという人も多いと思います。ですが、試合に勝つには返し技などの応じ技をしつかり身につけておくことが大切になりますね。例えば、面返し胴は相手の懐に入って打突するので、大きく踏み込んでしまうと間合いが近くなりすぎて打突が出来ません。その為、入りは小さく鋭く行うようにして、右足だけを前にして少し遠い間合いで構え合うといいと思います。そして、返し技全般に言えることは、相手...

小手面の連続技が上手く出来ますか?試合で小手面を効果的に行うためには、足さばきが重要になってくると思います。基本的に小手面は、小手が決まらないから次に面に行くというのが2段技の基本になると思うんですけど、現在では小手面が一つの技になっているかと。その為、面に移行するための手段と考えれば、小手で一本を取ろうとする必要はありません。とはいえ、小手を打つ時には、当然一本を取るつもりで力強く小手を打ちに行...