面打ちのポイント

面打ちのポイント

面打ちのポイントの一つに足の引き付けがあります。
剣道経験がある程度ある人なら、左側の重要さは知っていることでしょう。

 

 

竹刀が打突部を正確にしっかり捉える為にも、左足を素早く引き付けて打つことが大切になるわけです。
ですが、遠くに足を踏み込もうとすると、左足が残って右足中心の打突になってしまいます。

 

 

その為、面打ち素振りと同じように近くを踏み、正しい足捌きを覚えることが大切になってくるのです。

 

 

特に試合では、早く面を打とうとした時に遠くに足を踏み込んでしまいやすいですが、踵から床に落ちるようになるので怪我に繋がりやすいですし、右足が引き戻ってしまうこともあり、正確な打突になりません。

 

 

また、面が当たらないという人は、スピードが遅いというこがあります。
腕を振ろうとすると、最短距離で竹刀を振ることが出来なくなるので、肘を上げるようにして面に乗せる意識を持って打つことも面打ちのポイントです。

 

 

つまり、竹刀を振り出した時に、竹刀と手首、肘、目線が一直線になるようなイメージで行うようにするのがコツです。
同時に手の内を利かせて打突をすることでスピードも出て、打突の冴にも繋がります。

 

 

左足の引き付けなどの面打ちのポイントやコツを意識して、繰り返し素振りの練習することで、打突の強さやスピード、正確さも増し、試合でも面が決まりやすくなるでしょう。

 

 

面打ち素振りで「左」を極める秘訣をお教えします!

更なる上達、勝利を目指す方へ

 

剣道強豪選手量産プログラムの詳細を見てみる