追い込み足からの面 剣道強豪選手量産プログラム 所正孝

追い込み足からの面

剣道の試合に勝つためには、相手の変化に応じて技を出していくことも大切になると思います。

 

追い込み足からの面

 

例えば、相手が面を打ってきたが決まらず、後ろに下がろうとしたところを歩み足で素早く追いかけて、一息つかせことなく面を仕掛けることができれば、相手に時間的余裕を与えることなく決めることが出来ますね。

 

 

この時には引いた相手を一気に歩み足で追い込み、懐に入り込んで間を切られないようにすることが欠かせません。
そして、打ち込みの勢いを止めることなく打ち切り、そのまま遠くまで抜けきって相手との間を断てば、反撃もくらうことはないでしょう。

 

 

また、面を打ってきたところを竹刀でさばいて、相手が横を抜けていったら、そこを間髪入れずに追い込んで反撃するのも効果的でしょうね。
この時も歩み足で一気に距離を詰めて、相手が振り返ったところを面で打突するようにすれば、対戦者は時間的にも精神的にも余裕がないはずなので、非常に有効な戦術といえるのではないかなと思います。

 

 

この時の相手の面を上手くさばくためには、体の前で対処するのがイイでしょうね。
そして、自分の横を抜けていく相手を振り返りながら素早く追い込んで、振りむきざまに面を打つことで、考える余裕も与えずに打つことが出来るので、それだけ決まりやすのかと。

 

 

それには、相手を追い込むための歩み足のタイミングをしっかり身につけておくといいです。
ただ、いうまでもないと思いますが、目的は相手を追い込むことではなく、1本をとることです。
なので、打突して決まらなければ左足から着地させて、さらに次の技にテンポよく仕掛けられる態勢を整えるようにしていきましょう。

 

 

このように、追い込んで打ちl込み、更に次の技につなぐ足さばきの練習もしておけば、相手の変化に対しても臨機応変に対処でき、1本により繋がりやすいと思います。('ω')ノ

 

 

合わせて読みたい関連記事

遠い間合い技を繋げる練習法