足さばきの練習方法

足さばきのの練習方法

剣道の強豪校をみると、相手を打突したり、かわしたりするするための足の運び方に力強さがあるものです。
ここでは基本となる足捌きの練習方法についてお伝えしています。

足さばきの練習方法記事一覧

剣道の足捌きを身につけるには、最初に攻防の中で最も多く使用する送り足の練習で、感覚を体に覚え込ませることが指導するう上で大切になりますね。送り足とは、ご存じのようにあらゆる方向に動く場合や、打突に使う足さばきですこの動作を正しく身につけていないと、相手より速く打突の間合いに入れなくなってしまいます。そんな前への送り足のやり方は、両手を腰か、後ろにあてて構え、右足を滑らせるように大きく踏み出し、その...

剣道の試合で、歩み足を使って相手を追い込むことが出来ていますか?歩み足は、通常の歩行をすり足で行い、遠い間合いから速く移動する場合などに使いますね。短時間で間合いを詰めることが出来るので、相手に威圧をかけられたり、焦りを与えることが出来ます。また、引き技などで相手が後ろに引く場合がありますが、この時に歩み足を使って素早く追っていって、追い込んで打突に繋げられれば、相手に立て直す時間的な余裕を与えな...

強くて速い踏み込みが出来ていますか?剣道で打突する時、体を安定させて移動する為に後ろの左足で強く踏み切り、前の右足で強く床を踏みつけるようにします。この時に、脚の裏全体で床面を踏みつける前足を踏み込み足と言い、その後、後ろ足を素早く前足に引きつけ、送り足で前方に移動させるまでの一連の動きが踏み込み動作です。この時の踏む強さが打ちの移さに繋がり、逆に弱ければ効果的な技にはなりません。また、足裏全体で...

瞬発力を鍛える練習をしていますか?剣道の試合では一瞬で勝負が決まることも多いので、打突の時に如何に瞬時に反応して、技に移れるかが重要になってきます。そこで瞬発力を鍛える足捌きの練習を紹介しましょう。まず両足の親指の付け根を使ってその場で小さく足踏みをし、太鼓などの合図で素早く反応して、左足で右足を送り、瞬時に前に踏み込むようにします。その後、すぐに左足を引きつけます。この動作が遅くなってしまうと、...